Category Archives: 仏説父母恩重経

「仏説父母恩重経」 39母からの手紙 

加茂仰順先生がヨレヨレのハンカチを袂から出されご自身の涙を拭きながら、知覧特攻平和記念館に展示されているお手紙を読まれました。もう早いもので27年もの歳月が流れました。その手紙の内容は、母親から特攻隊員である息子に宛てた … Continue reading

Posted in 仏説父母恩重経 | Leave a comment

「仏説父母恩重経」 38母からの手紙

加茂仰順先生が涙を流しながら読まれた手紙を捜すのが、知覧特攻平和会館に行った第一の目的でありました。実際の手紙を自分の目で確かめたかったのです。しかし残念なことに字が読めるような状態ではありませんでした。それから2年後に … Continue reading

Posted in 仏説父母恩重経 | Leave a comment

「仏説父母恩重経」 37 「母を慕いて」

10年以上も前の話しですが、鹿児島県の知覧特攻平和会館を参拝しました。そのきかけを作って下さったのは、私が30歳の時、東京仏教学院で加茂仰順先生が知覧特攻平和会館にある手紙の話をされました。先生が読まれた手紙は、私の心に … Continue reading

Posted in 仏説父母恩重経 | Leave a comment

「仏説父母恩重経」 36 をりをり帰れ母の夢路に、、、

支那事変の初期の頃、立山英夫という少年歩兵少尉がおられました。彼は永定河の戦いで戦死しました。その折に彼の胸の内ポケットから血まみれの1枚の写真が、発見されました。その写真は、少尉の母親の写真でありました。そして写真の裏 … Continue reading

Posted in 仏説父母恩重経 | Leave a comment

「仏説父母恩重経」 35報恩の歌

「感恩の歌」にもう一つ「報恩の歌」という詩があります。同じく竹内浦次氏の作です。この詩も秀逸です。ご自身の父母を念じて「報恩の歌」を音読してください。 「報恩の歌」 あはれ地上に数知らぬ 衆生の中にただひとり 父とかしづ … Continue reading

Posted in 仏説父母恩重経 | Leave a comment

「仏説父母恩重経」 34感恩の歌

「感恩の歌」は、実は歌として実在しているのです。作詞は竹内浦次氏ですが、作曲は小野尊由(たかよし)先生です。YouTubeで「感恩の歌」を検索すると、上のほうに出てきますので是非、聴いてみてください。カラオケのリストにあ … Continue reading

Posted in 仏説父母恩重経 | Leave a comment

「仏説父母恩重経」33 感恩の歌

「仏説父母恩重経」を拝読された竹内浦次氏は、「感恩の歌」を詠まれました。心に響く詩です。是非、何度も何度も声を出して読み返してください。 「感恩の歌」 竹内浦次作 あはれ はらから 心せよ 山より 高き 父の恩      … Continue reading

Posted in 仏説父母恩重経 | Leave a comment

「仏説父母恩重経」32

父母の十種の恩徳について、簡単ではありますが書いてきました。 1には懐胎守護の恩 2には臨生受苦の恩 3には生子忘憂の恩 4には乳哺養育の恩 5には廻乾就湿の恩 6には洗灌不浄の恩 7には嚥苦吐甘の恩 8には為造悪業の恩 … Continue reading

Posted in 仏説父母恩重経 | Leave a comment

「仏説父母恩重経」 究竟憐愍の恩31

「究竟憐愍の恩」 これは、「くきょうれんみん」と読みます。経段には次のように記されています。 「己れ死に去りて後には、子の身を護らんことを願う。」 親は、死ぬるとき何を思い息を引き取るのであろうか?自分が一生懸命に貯め込 … Continue reading

Posted in 仏説父母恩重経 | Leave a comment

「仏説父母恩重経」 究竟憐愍の恩30

いよいよ最後です。「十には究竟憐愍の恩」とあります。物凄く難しい漢字です。何と読むのでしょうか?

Posted in 仏説父母恩重経 | Leave a comment