Category Archives: 合葬墓

合葬墓

自坊の合葬墓の最大のポイントは、 「大切な故人のご遺骨を粉骨せずに埋葬する」 ことです。 埋葬の法要の時には、自坊の僧侶が合葬墓の墓前にて、故人のご冥福を念じ読経します。  

Posted in 合葬墓 | Leave a comment

合葬墓

高級黒御影石である「クンナム」について、特徴をもう一つ挙げます。この石は、「永遠の黒」と称えられています。写真では、なかなか伝わらないかもしれませんが、石に吸い込まれるような深みのある「黒」です。   黒御影石 … Continue reading

Posted in 合葬墓 | Leave a comment

合葬墓

「クンナム」の特徴のひとつを挙げたいと思います。 茨城県笠間市の石山から採れる稲田石との共通点でもあるのですが、耐久性が極めて高いのです。年数が経っても全く劣化が進まない。石のツヤが落ちず、10年以上経ってもテロテロです … Continue reading

Posted in 合葬墓 | Leave a comment

合葬墓

合葬墓の一番大切な顔となる場所は、インドの最高級黒御影石であると言われている「クンナム」です。     採掘される場所は、インドのタミルナドゥ州です。       この地域は、インダス文明を築き上げた … Continue reading

Posted in 合葬墓 | Leave a comment

合葬墓

安い墓石で墓を建立すると、5年ぐらいで後悔するといっても過言ではありません。 「安かろう 悪かろう」を納得の上で、安い墓石で墓を建立するのであれば、特にそのような人に対しては、これ以上申し上げることはありません。実際の写 … Continue reading

Posted in 合葬墓 | Leave a comment

合葬墓

この合葬墓の石の産地ですが、白く見えている所は、茨城県笠間市の石山から採れる稲田石です。 稲田石は、最高最高裁判所などにも使用されている伝統ある石であります。 稲田石は70%以上の珪酸分が含まれているので、酸性雨に強い耐 … Continue reading

Posted in 合葬墓 | Leave a comment

合葬墓

合葬墓の需要が、予想以上に多いと前回のブログで記しました。 何故、多いのでしょうか? 古き良き時代の日本は、大家族でありました。祖父母や兄弟との同居する生活であります。孫は、御爺ちゃん・御婆ちゃんから色々な智慧を自然な形 … Continue reading

Posted in 合葬墓 | Leave a comment

合葬墓

歴代の住職の墓を撤去して、合葬墓を建立するのに反対意見もありました。 前住職が、昭和56年に大変な苦労をして建立したものですから。 しかし、主に3点の理由から、大切な住職墓を撤去する決意をしました。 (1)これから、納骨 … Continue reading

Posted in 合葬墓 | Leave a comment

合葬墓

去年の暮れに、金蔵寺歴代の住職の墓を更地にして 納骨堂「聖樹」にご遺骨を改葬しました。 その場所に、新たに合葬墓を建立しました。 少しずつ合葬墓について、記していきたいと思います。

Posted in 合葬墓 | Leave a comment