Monthly Archives: 5月 2016

「仏説父母恩重経」 35報恩の歌

「感恩の歌」にもう一つ「報恩の歌」という詩があります。同じく竹内浦次氏の作です。この詩も秀逸です。ご自身の父母を念じて「報恩の歌」を音読してください。 「報恩の歌」 あはれ地上に数知らぬ 衆生の中にただひとり 父とかしづ … Continue reading

Posted in 仏説父母恩重経 | Leave a comment

「仏説父母恩重経」 34感恩の歌

「感恩の歌」は、実は歌として実在しているのです。作詞は竹内浦次氏ですが、作曲は小野尊由(たかよし)先生です。YouTubeで「感恩の歌」を検索すると、上のほうに出てきますので是非、聴いてみてください。カラオケのリストにあ … Continue reading

Posted in 仏説父母恩重経 | Leave a comment

「仏説父母恩重経」33 感恩の歌

「仏説父母恩重経」を拝読された竹内浦次氏は、「感恩の歌」を詠まれました。心に響く詩です。是非、何度も何度も声を出して読み返してください。 「感恩の歌」 竹内浦次作 あはれ はらから 心せよ 山より 高き 父の恩      … Continue reading

Posted in 仏説父母恩重経 | Leave a comment

ペット納骨堂

漸くペット納骨堂が、ホームページにアップされました。ご興味のある方は是非、ご覧ください。

Posted in ペット霊廟 | Leave a comment

「仏説父母恩重経」32

父母の十種の恩徳について、簡単ではありますが書いてきました。 1には懐胎守護の恩 2には臨生受苦の恩 3には生子忘憂の恩 4には乳哺養育の恩 5には廻乾就湿の恩 6には洗灌不浄の恩 7には嚥苦吐甘の恩 8には為造悪業の恩 … Continue reading

Posted in 仏説父母恩重経 | Leave a comment

「仏説父母恩重経」 究竟憐愍の恩31

「究竟憐愍の恩」 これは、「くきょうれんみん」と読みます。経段には次のように記されています。 「己れ死に去りて後には、子の身を護らんことを願う。」 親は、死ぬるとき何を思い息を引き取るのであろうか?自分が一生懸命に貯め込 … Continue reading

Posted in 仏説父母恩重経 | Leave a comment

「仏説父母恩重経」 究竟憐愍の恩30

いよいよ最後です。「十には究竟憐愍の恩」とあります。物凄く難しい漢字です。何と読むのでしょうか?

Posted in 仏説父母恩重経 | Leave a comment

「仏説父母恩重経」 遠行憶念の恩29

「九には遠行憶念の恩」とあります。この遠行憶念の読みは、「おんぎょうおくねん」です。仏教は特殊な読み方をするので難しいですね。遠行憶念の恩については、経段では次のように記されています。 「若し子遠く行けば、帰りて其の面を … Continue reading

Posted in 仏説父母恩重経 | Leave a comment

「仏説父母恩重経」 為造悪業の恩28

「八には為造悪業の恩」とあります。読みは、「いぞうあくごう」と読みます。経典には次のように記されています。 「若し夫れ子のために止むを得ざる事あれば、自ら悪業を造りて悪趣に堕つることを甘んず。」 とあります。もし我が子が … Continue reading

Posted in 仏説父母恩重経 | Leave a comment

「仏説父母恩重経」 嚥苦吐甘の恩27

七には嚥苦吐甘の恩とあります。なかなか難しい見慣れない漢字です。普通に読める人は凄い人です。この嚥苦吐甘は、「エンクトカン」と読みます。経典には、この嚥苦吐甘の恩について下記の通り記されています。 「食味を口に含みて、こ … Continue reading

Posted in 仏説父母恩重経 | Leave a comment