伝灯奉告法要

明日は京都に行きます。一泊二日の日程です。本願寺門主が変わられたので、その為の法要です。気が重い、、、。

一日目は、本山で法要に檀家総代3名と共に参加します。二時間ぐらいの法要だそうです。お忙しいにも関わらず出席して下さるですから、誠に申し訳ない気持ちで一杯です。5年に一度のペースで大きな法要が、このようなかたちで本山で勤修されます。その度に大きな冥加金の請求書が本山から来ます。一般寺院では、檀家さんに寄付金の依頼を寺がお願いして、冥加金をなんとか本山に納めます。しかし寺から檀家さんへの寄付の依頼が5年に一度のペースでくると、ますます檀家さんの寺離れが加速していくと容易に予測できます。寺によっては、本堂・庫裡の修復などが重なれば泣きっ面に蜂さんです。これから末寺の寺はどうなっていくのであろうか?単立化が進んでいくでしょうね。

二日目の午前は、いつもお世話になっている法衣店に檀家総代をご案内します。一般の方は、法衣店を訪れる機会はないので貴重な体験が出来ると思います。そして山田松香木店さんに伺い、聞香の体験をする予定です。私は聞香の体験をするのが初めてなので、正直なところ山田松香木店さんでの聞香体験を一番楽しみにしております。

This entry was posted in 住職ブログ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です