春の旅行会 足利学校にて

IMG_0048

ご覧の通り、器の中が空だと器そのものが不安定です。この器に水を満杯に入れるとどうなるか?2度も試しましたが、器がひっくり返ってしまいました。

Posted in 住職ブログ | Leave a comment

春の旅行会 足利学校

IMG_0048

足利学校にこのような物がありました。不思議なものです。何だか分かりますか?

Posted in 住職ブログ | Leave a comment

虎ノ門ニュース

今朝の8時より2時間の情報番組である虎ノ門ニュースは、主に朝鮮半島有事に関するものでした。青山繁晴氏が発信する情報は、地上波のテレビ・ラジオ・新聞などに比べると雲泥の差があります。国民の一人でも多くの人に青山繁晴氏を知ってほしい。青山氏の発信する情報を聴いてほしい。そしてその聴いた内容をよく自分自身の頭で考えて欲しい。これが私の願いです。時間のない人は、後半の1時間でもいいから聴いてください。

憲法改正反対・九条を守る会・安保法案反対を主張する人達は、この朝鮮半島有事をどのように捉えているのであろうか?ご本山の高僧のご意見も聞きたいものだ。

Posted in 住職ブログ | Leave a comment

足利学校

茂林寺で記念撮影をして、足利学校に向かいました。IMG_0042

日本遺産に認定されている史跡です。この学校についての歴史は、ホームページに書かれています。以下、ホームページより抜粋です。

足利学校は、日本で最も古い学校として知られ、その遺跡は大正10年に国の史跡に指定されています。

足利学校の創建については、奈良時代の国学の遺制説、平安時代の小野篁説、鎌倉時代の足利義兼説などがありますが、歴史が明らかになるのは、室町時代の永享11年(1439)関東管領・上杉憲実(うえすぎのりざね)が、現在国宝に指定されている書籍を寄進し、鎌倉円覚寺から僧・快元(かいげん)を招いて初代の庠主(しょうしゅ=校長)とし、足利学校の経営にあたらせるなどして学校を再興してからです。

足利学校は、応仁の乱以後、引き続く戦乱の中、学問の灯を絶やすことなくともし続け、学徒三千といわれるほどに隆盛し、天文18年(1549)にはイエズス会の宣教師フランシスコ・ザビエルにより「日本国中最も大にして、最も有名な坂東の大学」と世界に紹介されました。

江戸時代の末期には「坂東の大学」の役割を終え、明治5年に幕をおろしましたが、廃校直後から有志による保存運動が展開されるなど、郷土のシンボル、心のよりどころとして足利学校の精神は市民の中に連綿として生き続け、平成2年の復原完成へとつながり、教育の原点、生涯学習の拠点として、新しい学びの心の灯をともしています。

以上

Posted in 住職ブログ | Leave a comment

春の旅行会 茂林寺にて

馬場

懐かしい馬場さんのお姿が!

Posted in 住職ブログ | Leave a comment

春の旅行会 茂林寺にて柳原良平さんのイラストに出会う

柳原良平

懐かしいイラストです。

Posted in 住職ブログ | Leave a comment

春の旅行会 宝物

IMG_0026 IMG_0028

宝物である分福茶釜です。自坊にも宝物が欲しいです。

Posted in 住職ブログ | Leave a comment

春の旅行会 茂林寺

天気にも恵まれ、気持ちのいい春の旅行会でした。

朝の8時に金蔵寺を出発しました。霞が関インターより首都高に乗り、東北自動車道に入りました。館林で降り、最初の目的地である茂林寺さんへと向かいました。茂林寺さんは、童話分福茶釜で有名な寺です。

IMG_0014

0 1 2

ご覧の通り、美しい八重桜が満開でした。皆でウットリ。

Posted in 住職ブログ | Leave a comment

春の旅行会

明日は、いよいよ待ちに待った「春の旅行会」です。この日の為に新しいカメラも購入しました。が、新しいカメラに不慣れで使い方もよく分かっていないので、いい写真が撮れるかどうかはわかりまへん。しかし分からないなりに頑張って記念の残る写真を撮ってきます。明日は、その写真をアップしたいと思ってます。

Posted in 住職ブログ | Leave a comment

熊野勧心十界曼荼羅49

cef97594[1]

この等活地獄は、無闇矢鱈に殺生をした者が往く処であると言われている。自分には関係ないと思われる人が大多数であろう、、、。

Posted in 熊野勧心十界曼荼羅 | Leave a comment