永代納骨堂「聖樹」の特徴
  • ごあいさつ
  • 「聖樹」の特徴
  • 費用について
  • 参拝について
  • 「聖樹」フォトギャラリー
  • よくあるご質問

明るく、温かく、美しく   心地よい、こだわりの空間

陽だまりがあり、そして温もりのある納骨堂「聖樹」。
参拝者のみなさまに、心穏やかな時間を過ごしていただきたい。そのこだわりの思いが「聖樹」に、美しく凝縮されています。

花や線香を持たず、手ぶらで気軽に参拝できるスタイルも「聖樹」ならでは。 ご遺骨は、住職とその親族、僧侶で、真心を持ってお守りします。

おもてなしの気持ちを込めて。参拝いただくすべての方に優しい納骨堂です。
宗教に関係なくお求めいただけます。

建築

デザインと技術の統合で定評のある久米設計に設計を依頼し、現代の納骨堂にふさわしい斬新なデザインの建物になりました。
太陽がそそぎ込む明るいロビーは、シンプルでモダンな空間。間接照明を効果的に使い、温もりを演出しています。天井まで続く吹き抜けと、緑が臨める開放的な大型ガラス窓からは、太陽の陽射しが射し込みます。

永代納骨堂「聖樹」
[ 休憩スペースも兼ねる、上質で開放的なロビー ]

杉の木から作ったコンクリート打ちっぱなし、大理石など、壁の素材にもこだわりました。

仏像

陽の光が降り注ぐ2階、3階の参拝スペースには、仏師・中西祥雲氏作の観音菩薩と阿弥陀如来、吹き抜け部の壁面には、雲中供養菩薩像がご安置されています。また、毎朝、各階の参拝スペースで住職がおつとめしています。

3階の参拝スペースに安置する阿弥陀如来像
[ 3階の参拝スペースに安置する阿弥陀如来像 ]

吹き抜けの壁面に祀る雲中供養菩薩像
[ 吹き抜けの壁面に祀る雲中供養菩薩像 ]

仏師・中西祥雲
[ 仏師・中西祥雲 ]

【京仏師・中西祥雲氏プロフィール】
1988年、二代目・中西祥雲を継承。
京都の伝統工芸士として名高い。全国各地の寺院の仏像を手掛ける。 本願寺ハワイ別院の本尊修復なども手掛けている。

美術品

フランスを代表するガラス工芸家、エミール・ガレやドーム兄弟の作品をロビー壁面に展示。奥には、ガンダーラ遺跡から発掘された仏像2体を安置しています。その他、クノップフ、バーン=ジョーンズ、シュビッターズ、レオナールフジタなどの作品が数十点館内にございます。

エミール・ガレやドーム兄弟の作品を展示
[ エミール・ガレやドーム兄弟の作品を展示 ]

遺跡から発掘された
[ ガンダーラ出土のブッダ座像 ]

納骨壇

納骨壇は、一般的な暗い漆塗りではなく、伝統ある京都の西陣織の織師に生地を依頼。散華の図柄で織り上げた特製の布が完成しました。そして、納骨棚の扉に一枚一枚丁寧に貼りつけ、上質に仕上げています。

※散華…仏に供養するために花を散らすこと。元々インドでは花や香を地にまいてその場を清め、仏に供養したことに由来しています。

特製の西陣織で包まれた納骨壇
[ 特製の西陣織で包まれた納骨壇 ]

三体以上納骨される際に使用する専用納骨袋
[ 三体以上納骨される際に使用する専用納骨袋 ]

このページの先頭へ
  • 永代納骨堂 聖樹 パンフレット
  • 永代納骨堂 聖樹 写真集
  • 「聖樹」住職・ブログ
  • 東京の納骨堂「聖樹」に関するお問い合わせ TEL:03-3451-7854
  • 東京の納骨堂「聖樹」に関するお問い合わせ TEL:03-3451-7854

浄土真宗本願寺派 宗教法人 金蔵寺
〒106-0046
東京都港区元麻布1-6-19
TEL:03-3451-7854

参拝される方への配慮を行き届いた新しいスタイルの納骨堂、永代供養 永代供養墓 共同墓地 合葬墓 合祀墓 ペット納骨堂 ペット霊園なら東京の港区元麻布『金蔵寺 永代納骨堂「聖樹」』。金蔵寺の住職が長年温めてきたイメージ - 参拝される方に優しく心地よい事を目指して創られた永代供養、納骨堂 - がここに実現しました。

エリア別タウン情報